松葉一門紹介

写真:撮影中 古山照人(ふるやま てるひと)
古山直樹 ふるやま なおき(刀匠銘)照人 てるひと

私は、輝く沸(にえ)と緩やかに湾れる刃文を焼く相州伝の作風に魅了されています。
鎌倉時代末期から南北朝初期の相州上工を目標としています。

【略歴】
昭和43年生まれ
平成15年 松葉國正師に入門
平成20年 文化庁より作刀承認

連絡先:〒811-3113  福岡県古賀市千鳥2-8-19
TEL:092-943-4600
写真:撮影中 内田義基(うちだ よしもと)
刀匠。予備自衛官、元自転車選手
鎌倉室町期の太刀を理想とし、日本文化の維持を第一義とする。
得意な作域は、古刀太刀写し、毛抜き太刀、等。
自ら武道も嗜むため、武道刀も得意とする。
連絡先:静岡県富士市厚原1820-7
TEL:0545-71-2854
写真:撮影中 文俊基(ムン ジュンギ)
修行中。韓国出身、韓国の刀剣店「高麗刀剣」の後継者。
廃れてしまった韓刀の伝統復古のため、刀剣先進国である日本へと単身留学に来た。
未だ修行の身だが、いずれ目指すは、古代韓刀復古刀。
写真:撮影中 手塚一佳(てづか かずよし)
刀匠資格目指して修行中。アニメ・CG動画制作から、刀剣の道へ。趣味のナイフ作りが高じて鍛造に走り、そこから鉄の魅力にとりつかれて入門。
目指すは現代の一文字、三条宗近と大きく出るが、しかしその前に、大鎚を200回振れるようになる事が当面の目標。
連絡先:(有)アイラ・ラボラトリ http://www.aera.co.jp/